GRAIL 10-Helips-X

測定ノイズは業界最高レベルの±50fA以下

GRAIL 10-Helips-X

概要

冷媒移送式冷凍機を用いたベーシックな仕様の極低温プローバーです。
比較的高速に6K以下の極低温環境を作り出すことが可能です。更に信号系は弊社ならではの工夫を随所に施し、測定ノイズは業界最高レベルの±50fA以下を実現、1pAクラスの非常に微小な測定信号も余裕をもって検出可能です。

仕様

項目 GRAIL 10-Helips-X
機器構成 極低温プローバー本体×1式
プローバー本体概略寸法 915(w)×798(D)×600(H)
重量 プローバー本体:150kg程度
冷却方式 冷媒輸送式冷凍機(型式:LT-3B)
測定温度範囲 6K以下~373K(LHe) 80K以下~373K(LN2)
測定可能エリア 25mm×25mm以下
最低温度までの冷却時間 60分以内
温度安定性 *1 6K~RT:±0.2K RT~373K:±0.5K
測定ノイズ ±50fA以下
プローブ数 0~6本 *1
プローブ移動量 X軸:50mmFS Y,Z軸:25mmFS
信号コネクター TRIAXコネクター×(プローブ数+1) *2
試料ステージ移動量 移動機構無し
取付可能オプション類 *2 マグネットkit / 高温kit(200℃) / 光導入kit>
高耐圧kit / 高周波kit / ステージ移動kit

*1):型式のXの部分が本数を表します
*2):+1はバックゲート用